トップページ > 公安委員会委託業務・認定教育
公安委員会委託業務・認定教育

公安委員会委託業務・認定教育

高齢者講習、原付講習などの講習をご紹介いたします。

高齢者講習

満70歳以上の方(免許の有効期間の満了日における年齢が満70歳以上の方)が運転免許の更新手続きをするときには、高齢者講習を受けなければなりません。また満75歳以上の方は講習予備検査を受検しなければなりません。高齢者講習は更新期間満了日の6ヶ月前から受講できます。

  • 原付講習
  • 原付講習

免許証の有効期限を迎える時の年齢が…

高齢者講習の受講(満70歳以上75歳未満)

詳しく見る

講習予備検査の受検と高齢者講習の受講(満75歳以上の方)

詳しく見る

講習手数料

  • 満70歳以上75歳未満の方 5,800円
  • 満75歳以上の方 6,000円

持ち物

  • ・満70歳以上75歳未満の方
  • ・講習案内のハガキ
  • ・印鑑(朱肉をつけて押印するもの)
  • ・講習手数料
  • ・必要な方はメガネ

講習予備検査(認知機能)について

運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上の方は、高齢者講習の前に講習予備検査を受けなければなりません。
講習予備検査は、運転免許証の更新期間が満了する日の6ヵ月前から受けることができます。
講習予備検査の対象となる方には、運転免許証の更新期間が満了する日の6ヵ月前までに講習予備検査と高齢者講習の通知が警察から届きます。

講習予備検査とは

記憶力や判断力を測定する検査で、時間の見当識、手がかり再生、時計描画という3つの検査項目について、検査用紙に記入して行います。講習予備検査は、警察から委託された教習所等で受けることができます。検査の実施、採点、結果の通知まであわせて30分ほどで終わります。
検査終了後、採点が行われ、その点数に応じて、「記憶力・判断力が低くなっている方」、「記憶力・判断力が少し低くなっている方」、「記憶力・判断力に心配のない方」と判定が行われ、結果は、その場でお知らせします。
検査後の高齢者講習では、記憶力・判断力に合わせた、わかりやすい講習を行います。特に、車を運転するときには、検査の結果に基づいた助言を致します。
検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」との結果であっても、運転免許証の更新はできますが、信号無視や一時不停止などの特定の交通違反を更新の前に行っていた場合または更新後に行った場合は、警察から連絡があり、専門医の診断を受けるか主治医の診断書を提出することになります。認知症であると診断された場合には、免許が取り消されます。
※詳しく知りたい方は警察庁のホームページでもご覧いただけます。

原付講習

新規に原付免許を取得しようとする場合、運転免許試験場での「学科試験合格」のほか「原付講習」の受講が義務付けられています。
平成21年4月より、おびひろ自動車学校でも「原付講習」を実施することとなりました。
必ず「学科試験」を受験する前に「原付講習」を受講しなければなりません。
※ 帯広試験場での「原付講習」は実施しません。ただし、「学科試験」は帯広試験場で実施することにかわりありません。

  • 高齢者講習
  • 高齢者講習

受講方法

必ず事前に電話での予約が必要です。
TEL 0120-34-5095(定員がありますので、お早めにご予約下さい。)

講習日時

毎月(4月~10月) 第4金曜日
12時から15時 (任意学科希望の場合16時まで。)

集合時間

11時30分 (場合により変更することがあります。)

講習内容

実技・学科(3時間)   任意学科1時間

講習手数料

4.200円 (任意学科は、別途2.268円必要。)

持ち物

  • ・ 住民票(本人のもの、本籍記載のもの)1通
  • ・ 身分証明書(学生証、パスポート、保険証等)
  • ・ 印鑑(朱肉をつけて押印するもの)
  • ・ 筆記用具
  • ・ 原付講習手数料
  • ・ 原付に乗車できる服装等(長袖、長ズボン)
  • ・ ヘルメット、手袋、長靴等は無料でお貸しします

注意事項

20歳未満の方は保護者の許可、高校在学中の方は、高校の許可が必要になります。

TOPへもどる